フローリングの補修

フローリング補修してピカピカのフロアへよみがえらせましょう。

フローリングは長く使用していると物を落としたときの衝撃による凹みやキズ、家具を引きずった時のキズなどが目立つようになります。
気を付けていても少なからず目立つキズが出来てしますのがフローリングの特徴です。
そこで補修を行い継続的に使用できるようにすることをお勧めします。
方法は専門の業者に依頼することと、自分で行う方法の二種類があります。
自身で行う場合はホームセンターなどで、専用のテープやクレヨンなどを利用して行いますが、凹みに関しては素人ではなかな難しいという現状があります。
そこでお勧めなのが、専門の業者への依頼です。
キズの大きさや度合いによって価格は変動しますが、10,000円以下で行ってくれるところが多いのが特徴です。
補修にかかる時間も数時間程度と気軽に依頼ができます。
専門業者に依頼することで、キズ付いた場所がどこなのか全く見わけが付かないくらいになる場合があります。
直しながら綺麗に保つことで、長期的に使用が可能になるため、補修は大変お勧めといえるでしょう。

フローリングの補修方法について

フローリングの補修方法は、その床材の種類や傷の種類によって異なり、それぞれ最適な方法があります。
凹み傷や擦り傷などの限定的な傷に関しては、パテという材料で傷の凹みを埋め込み、着色することで目立ちにくくなります。
最近はフローリング専用の補修キットがホームセンターなどで販売されていますので、軽微な傷はこのような材料を利用して直すことが出来ます。
しかし、本格的に直すためには、補修工事の専門業者に依頼することで、傷の場所が分からないほど精巧な技術で直してもらうことも出来ますが、費用に関しては高額になりますので、愛着のある床材の場合に依頼することがおすすめです。
また、傷が広範囲に広がっている場合は、フローリングのピースごと撤去して同じ材料で張り替える方が安くつく場合が多いので、新築時やリフォーム時には同じ製品をストックしておくことが大切です。
また、床材は紫外線などが継続的に当たる場所で、変色が生じてしまうので、色目が変わってしまうことにも注意が必要です。